あめでもはれます

あめでもはれます

ライターわたやみきの日記です

2017年良かったドラマ「ボク、運命の人です。」と映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」ダークホースはアンパンマン

ドラマは第一話を見逃すともう見る気がしないわたやみきです。

 

今回ははてなブログのお題キャンペーンに沿って2017年1番良かったドラマとして「ボク、運命の人です。」、「ゆとりですがなにか純米吟醸純情編」、映画としてDESTINY 鎌倉ものがたりをピックアップしてみました。

 

2017年のベストドラマ「ボク、運命の人です。」

ボク、運命の人です・イメージ



冴えないリーマンの主人公に亀梨くん、人間不信気味のヒロインに木村文乃ちゃん、2人の恋を強引に取り持つ「神様」と名乗る男を山ピーが演じています。

 

コメディ感が強くて片手間で見られるドラマで、見やすかったので録画したドラマの中でも唯一全話見ました。

 

亀梨くんのもとにある日神様と名乗る山ピーが現れて、接点が何もない木村文乃ちゃんといついつまでに結婚しないと地球が滅ぶよ!ってゆう漫画っぽいストーリー。物語が進んでいくうちに過去の大切なポイントにはいつもお互いがいた!ってゆう偶然が重なっていくわけです。

 

小学生でもわかる単純明快なストーリーと、悪者が登場しなくて基本みんないい人ってところが見やすいポイントかな。

 

特にジャニーズファンではないけど、山ピーがかっこよくて!

亀梨くんとの仲の良いやり取りが楽しい。

 

山ピーって真面目な役よりこうゆうふざけたテンションの役の方が合うんじゃないかな~。というか役のキャラクターや口調が私のどストライクなのか…

 

木村文乃ちゃんは最初主人公にめちゃめちゃ冷たいので、「この態度とられて好きって思えるのが謎」って思ってたけど、いよいよデレたときにはすごい可愛い

 

全年齢におすすめできる楽しいドラマです。

亀梨くんが頑張りまくる姿とかちょっと感動しちゃうしね。

 

2017年・2位のドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」

youtu.be

二番目に印象に残ったのは昨年2016年に放送されたドラマ「ゆとりですがなにか」の単発続編の「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」です。

 

ぎりぎり氷河期世代の私ですが、「ゆとりですがなにか」は大好きなドラマでした。

岡田将生さん、松坂桃李さん、柳楽優弥さんの振り切れた演技とクドカンぽさが好きだったんです。

 

その続編ってことで楽しみにしてたんですが、録画しててずーっと見てなくて、いざ見たのはつい最近。放送が7月で今12月なので、だいぶ経っちゃいました。

 

今回は松坂桃李さん演じる「やまじ」が中心になったドラマでしたね。

 

やまじパートのあらすじは、前作から良いムードだった吉岡里穂にふられ、学校を退職したやまじ。傷心で地元に帰ると昔の知り合いだった蒼井優ちゃん(役名忘れたよ)に再会して、恋に落ちます。

 

昼間はホームセンター、夜は実家のスナックで働くシングルマザーで、恋人からDVを受けつつも一人では生きられない蒼井優ちゃんを見て、「守ってあげなくちゃ」という気になってしまうんですね。はい、リアルにありそうです、すごく。

 

蒼井優ちゃんと子どもを連れて3人で東京へ戻って新生活!と思ったけど、いつのまにか蒼井優ちゃんが子どもを置いていなくなってた、というのがメインのエピソードです。

 

他にも茜ちゃんの妊娠とか、マーチン家がモノレール開発で立ち退き?といったエピソードも詰まってるんだけど、シリーズドラマにあった「基本ふざけたノリなのにたまにめちゃくちゃどきっとさせられる」みたいなポイントが少なかったように感じました。

 

蒼井優ちゃんが子ども置いてっちゃって、やっと捕まえてみんなで会議となったときの「正義感で育児はできねぇよ」ってセリフあたりは良かったです。

そんな気持ちを聞いたからってどうにもなんない、って空気感が流れるのもなんかリアル。

 

DESTINY 鎌倉ものがたり

youtu.be

今回、映画好きな私としては本当は映画をメインに語りたかったのですが、子どもが小さくて全然見に行けてなーい!!子育て世代×映画って結構ハードル高いですよね。

 

今年唯一映画館で見たのは「DESTINY 鎌倉ものがたり」。

1番良かった映画と言っといてなんですが、これしか見てないのです。

 

これはな~~~~

ちょっと期待しすぎたな~~~

 

レトロな鎌倉の街並みに幽霊や魔物が現れる幻想的な世界観は良かったんだけど、後半は昔CSでやってたドラマにありがちな、悪い魔物と戦って倒す!的な流れがちょっとチープだったかな。

 

金田一耕助シリーズみたいな情緒感があるのかな?と思って見てたら妖怪大戦始まった!みたいな。ちょっとがっかり。

 

映像は美しかったんだけど、映画館にいるのに「あと何分くらいで終わるんだろう」って浮かんでしまって、「あぁ、私今つまらないって思ってる」と気づいてしまいました。

 

高畑充希ちゃんは可愛いけどカホコのままだし。堺雅人堺雅人だし。

いや当たり前なんですけど、登場人物のキャラクターより主演の俳優たちのキャラが勝ちすぎなんですよね。

キムタク現象ですね。

キムタクが主演ならもう「キムタクの映画」と思って見るから全然良いんです。そう思ってて見た「武士の一分」はギャップを感じてすごく良かったし。

 

でも高畑充希ちゃんと堺雅人さんにキムタク現象を感じるとは思いませんでした。出すぎなのかな。

映画レビューでは高評価が多くて謎です。

 

あ、中村珠緒!中村珠緒は良かった!すごく。

可愛らしいおばあちゃんのキャラが立ってて、もう中村珠緒のスピンオフ見たい。

 

番外編 アニメ映画「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」

youtu.be

 

子ども向けですが、あなどれないです。

冒頭~OPテーマまでの流れが美しすぎ。

テーマ曲とともにアンパンマンが登場するシーンではその流れの美しさに感動して、うっすら涙が浮かんだほどです。

 

この構成考えた人すごいなぁ。

鉄板な流れなのにこんなに感動するのは、本当に1シーン1シーンを大切に作っているんだなぁ。子ども向けアニメだからって、なめちゃいかんなぁ。そんな気持ちになりました。

 

M-1とろサーモンに高得点をつけた博多大吉さんが「つかみが早かった」とコメントしてましたけど、この作品はまさにそう。アンパンマンに喜ぶ年代の子どもって本当に飽きっぽくてじっと見てられないから、特にキャッチーさを大事にしているのかもしれません。

 

あれ、もしかして私のベスト作品オブ2017はアンパンマンかもしれない…

 

 

2018年はもっと面白いドラマや映画に出会いたいですね。

私が見逃しているだけで、今年も素晴らしい作品がたくさんあったとは思うんですけどね。

 

とりあえず1月にパディントン見に行きます。

#2017年一番良かった《映画・ドラマ・アニメ》