あめでもはれます

あめでもはれます

ライターわたやみきの日記です

朝すっきり元気に起きるための飲み物5つ

f:id:watayamiki:20181123174004j:image

関東にもいよいよ冬の寒さがやってきました。

朝起きて動き出すには、身体を温めてくれる飲み物が必須。

 

朝は体温が低いので、運動やストレッチでいきなり身体をほぐそうとしても、身体を痛める原因になりがち。(私は何度もそれでグキっとやってます…)

 

まずは温かい飲み物を飲んでじんわり身体を温めてから、少しずつ身体を動かしていきましょう。

 

今回は、寒い朝におすすめの飲み物を5つ紹介します。

 

ホットココアは寒い朝の味方

f:id:watayamiki:20181123175018j:image

ココアは夜も朝も冷え性の味方。

血流を良くしてむくみや冷え性を改善する効果があります。動き出す前にココアを飲むと、筋力に影響し、動きやすくなる効果も。

 

ココアにはカフェインが含まれていますが、コーヒーの約1/10の量なので、妊婦さんでも安心して飲めます。

 

砂糖の入っていない純ココアが良いとされていますが、面倒なら調整ココアで全然いいよ。何杯も飲むなら話は別だけど、何杯も飲むものではないよね。

 

甘すぎ生姜湯が苦手な人は生姜湯+緑茶がおすすめ

f:id:watayamiki:20181123175148j:image

市販の生姜湯は甘すぎるという人におすすめなのが生姜湯+緑茶の組み合わせ。

緑茶を濃いめに入れればちょうど良い大人の甘さになります。

 

生姜は我が家では毎日のように消費しています。特に風邪を引いたときには!体温が上がって元気になるのをほんとに実感できますから。

生姜湯買いに行くのめんどい、という人はお茶に生姜チューブを絞って飲んどいて。割といけます。カロリーが気になるならこっちの方がいいかも。

 

シナモン+コーヒー 元気を出したい朝に

f:id:watayamiki:20181123174749j:image

スタバやカフェなどには必ずと言っていいほど置いてあるシナモン。シナモンには血管を拡張させ、冷え性改善に効果的なんです。

漢方でも桂皮(けいひ)として親しまれています。

 

シナモンとコーヒーは香りの相性がすごく良いよね。私は好きなんだけど、この香りが苦手と言う人も結構多い。耳かき一杯くらいならあまり気にならないので、健康のために少量から試してみてはいかがでしょうか。

 

スパイシーでちょっとパンチが効いたシナモンコーヒー。スピーディーに体を温めてくれるので、元気を出したい朝にはぴったりですよ。

 

朝の白湯(さゆ)は手抜きに限る

白湯って、きちんと作ると面倒なんですよ。

水道水で作る場合、15分以上沸かし続けないと身体に良くないトリハロメタンが増えると言われてるのですが、私は

ええー!じゃあ毎朝15分沸かすの?そもそも白湯用の鍋を買わなくちゃいけないじゃん…レンジで温めるだけじゃダメなの?」とか思ってしまう無精の極み人間ですので、1番簡単に白湯を飲む方法を考えました。

 

ミネラルウォーターをレンジでチン。

はい、できたよ〜♪ 簡単の極み。

朝にはこれくらい簡単でないと、続きません。

ちなみに、白湯には軟水がおすすめです。

 

朝は一杯の飲み物で温まろう

f:id:watayamiki:20181123174737j:image

身体が温まれば、少しずつ動き出す元気が出てくるもの。飲み物の力を借りて、寒い冬も元気に過ごしたいですね。

明日の朝も全国的に寒そうですから、試してみてください。

お互いに、冬を乗り越えましょー!